スタイルシートとは


スタイルシート (Style Sheet)とは、HTML や XML、SGML といったマークアップ文書をどのように表示・提示するかを制御するものを示す概念。マークアップ文書において見栄えと構造を分離するという目的で提唱された。

Web 上で広く使われている HTML 文書にスタイルシートを適用させる場合には、一般的に CSS が利用される。こうした現状から CSS が圧倒的な普及度を誇っているため、一般にスタイルシートといえば CSS を指すことがある。しかし CSS はスタイルシートという概念のサブセット、即ち実装であるにすぎず、従って「CSS ∈スタイルシート」である点に注意が必要である。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

CSSとは


Cascading Style Sheets(カスケーディング・スタイル・シート、CSS)とは、HTML や XML の要素をどのように修飾(表示)するかを指示する仕様であり、W3Cによる勧告の一つ。カスケード・スタイル・シートとも呼ばれる。スタイルシートの一種。文書の構造と体裁を分離させるという理念を実現する為に提唱されたスタイルシートの、具体的な仕様の一つ。

CSS は HTML で表現可能と考えられるデザインの大部分を実現できる要素を取り入れつつ、新たなデザイン機能を備える。また、以下のような特徴を持つ。

ページを表示するメディアに合わせてスタイルシートを切り替えることで、メディアごとに表示を変化させることができる
ユーザーエージェント(多くの場合Webブラウザ)、ウェブサイト制作者、ユーザがそれぞれ定義した CSS のもたらす効果を重ね合わせ(カスケード)ることができる
しかし、拡張・修正の続いている CSS 仕様の全てを完全に実装しているユーザエージェントは事実上皆無といってよく、実際シェアで多数を占めるユーザエージェントは部分対応にすぎない。しかし実用上支障のないレベルの実装はされてきており、なおかつ表現のお互いの互換性についても考慮されてきている。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

WebマスターのためのGoogle Analytics


Google Analyticsを使えばサイト運営に大きな差が出る!リンククリックの追跡、カスタムフィルタユーザー定義、Analyticsの関数・変数などの活用テクニック満載!SEMのプロの解説でコンバージョン、効果測定を理解しよう。

【目次】
1 Google Analyticsの基礎(Google Analyticsとは/Google Analyticsの導入/アカウントとプロファイルの管理)/2 Google Analyticsの活用(アクセス解析のオキテ/アクセス解析情報を読む/コンバージョンまでの道筋を検証する ほか)/3 Google Analytics Tips(アクセスの記録とurchinTracker()/ブログ内の記事のトラッキング/ファイルのダウンロードのトラッキング ほか)/付録


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。